地理

 大連市はアジア大陸の東海岸に位置し、中国東北遼東半島の最南端にあり、東経12058分から12331分、北緯3843分から4010分に跨り、東は黄海、西は渤海、南は山東半島と海を隔てて向かい合い、北は広大な東北平野に隣り合っています。この緯度には、日本の仙台市、アメリカ合衆国のサンフランシスコ市、ワシントンD.C.、ギリシャのアテネ市があります。大連は東北、華北、華東地域が世界各地と繋がる海上の門口であり、最も重要な港、貿易、工業、観光都市でもあります。
 大連市の総面積は12,574平方キロ、うち旧市街区の面積は2,415平方キロです。山地や丘陵が多く、地形は北から南へ傾き、北は広く、南は狭くなっています。地勢は中央から南東と北西部にある黄海と渤海へ傾き、黄海への斜面は長く緩やかであります。長白山のある千山山脈は旧市街区を貫いており、地形の殆どは山地や緩やかな低い丘陵で、平野と低地は河川の水が海へ流れ込むところ及び山裾の谷地に点在するだけで、至るところでカルスト地形が目に付き、カルスト地形と海食地形が比較的に多いです
 大連地区には主な水系として黄海と渤海の2つがあります。碧流河、英那河、庄河、賛子河、大沙河、登沙河、清河、馬欄河などの大きな河川は黄海に流れ込み、渤海に注入する主な河川は復州河、李官村河、三十里堡河などであります。そのうち、最も長い川である碧流河は、大連市街区の水源河となっています。他に、小さな河川は約200本あります。
 
 
 

大連地図

検索

  • カテゴリー:
  • カテゴリー一覧: