気候と服装
 大連は温帯半湿潤のモンスーン気候で、海洋性気候の特徴も併せ持っています。冬の厳寒、夏の酷暑はなく、生活する環境として非常に優れています。北半球の中緯度地帯に位置するので、太陽の日差しも1年を通して比較的よく入ります。一方は山に、三方は海に面しているという地理環境の影響を受け、四季がはっきりしている、気候が温和、空気が湿っている、風力が大きいなどが大連の気候の特徴となっています。 
 
 夏でも夜になると涼しいので、長袖を持っていくと安心です。冬は凍えるほど冷たい強風が吹くことがありますので、防寒服が必要です。春や秋は、日本と同様に薄手のセーターやカーディガンを持っていくと安心です。
 
服装:
 大連は三方を海に囲まれた美しい海辺の町です。冬は厳寒なく、夏は酷暑もない、春と秋も心地良い、四季がはっきりしています。海辺の町によって、風の日は比較的に多いので、防寒をご用意ください。

 3月の海風に襲われ、肌寒さばかりが際立って感じて防寒服が必要です。4.、5月の陽光を浴びて、一枚のTシャツは十分です。また、大連の空気質、日照により、帽子、サングラス、傘などをご用意ください
 
 5月の末から半袖Tシャツを着る姿を見るようになります。夏の平均気温は25度で、最高気温が40度ぐらいに達す日は二週間ぐらいです。大連の地形は、遼寧半島の先端部付近に位置していることから、北は大陸、東は黄海、西は渤海で長い長い海岸線には青い海と綺麗な砂浜が白波で輝き、大連人の多くは天気のいい休日になると、家族とか友達といっしょうに海に行って水泳をするとか、砂浜バレーボール、サッカーなどで遊んでいます。
 
 秋の大連夏が去った涼しいさが感じられます。海岸を散歩して海風をいっぱい吸い込んでリラックスリラックス心身ともに栄養満点になります。11月頃、秋の色が染め上げされた大連の山林は登山に最適です。でも、日照の原因で、相変わらず帽子、サングラス、傘などをご用意ください。
 
 大連の冬は厳寒ではありません。一般的に保温性が良いのカーディガン.セーター.とオーバーもう十分です。もし、長い時間にわたる外出の時、手袋、スカース、帽子と保温性が良好の靴をご持参ください。
 
大連気候
 大連は北半球の温暖地帯にあるが、ユーラシア大陸の東海岸にあるため、その気候は海洋性の特徴をも兼ね備えています。暖温帯大陸性モンスーン気候に属し、冬は厳寒はなく、夏は酷暑もありません。四季がはっきりしています。年間平均気温は10.5℃、年間降水量は550~950ミリ、日照時間は2500~2800時間です。
気候
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
大連
平均
気温
-4.9
-3.4
2.1
9.1
18.5
19.4
23
20.9
20.6
13.6
5.8
-1.3

大連地図

検索

  • カテゴリー:
  • カテゴリー一覧: